株式会社五味建築ヘッダー

表紙 >> 作品一覧 >> 病院建物一覧 >> 二之沢草津病院


二之沢草津病院


中庭および病楝

中庭および病楝


自然林を利用した庭園

自然林を利用した庭園


所在地

群馬県吾妻郡草津町大字草津字白根464番701

建築主

医療法人 二之沢会

設計監理

株式会社五味建築設計事務所事務所

施工

株式会社銭高組

敷地面積

3,967.0m2

延床面積

3,959.89m2

構造・規模

RC造、5階建

竣工

1980年2月

 

 草津温泉街は標高1,200mに位置し、湯畑を中心に強酸性の温泉が、豊富に沸きでており、夏は避暑に、冬はスキーにと、非常に環境に恵まれた場所である。
 草津の温泉は古くから、各種の病の治療に効果があり、ドイツのベルツ博士により全国に知られた温泉であり、湯治客で振るわいを見せている。
 現在、施主は老人医療を主とした病院を、群馬県で活動させており、このたび、この有効な「温泉を利用したリハビリテーション」を主とした、老人医療を目的とする病院が計画された。
 敷地内には、自然林のカラマツ・シラカバ等が生息し、南面には山林があり、自然景観に非常に恵まれている。これを害する事のないように、建物を道路側にL型に配置し、南側に、自然林を利用した庭園を設計し、その庭園内には、患者のリハビリテーションを兼ねた、遊歩道を設け、外部での安息場所としての「あずま屋」、景勝としての池等を設け、患者その他訪問された人々の気持ちを潤いを与えている。


| 作品一覧に戻る | 病院建物一覧に戻る | 表紙に戻る |


株式会社五味建築事務所フッター