株式会社五味建築ヘッダー

表紙 >> 作品一覧 >> ビル建物一覧 >> ノイビル


ノイビル


全景

全景


所在地

東京都中野区中野2-25-6

建築主

株式会社南協

施工

佐藤工業関東支社

延床面積

3,959.89m2

構造・規模

S造・地下SRC造、地下1階地上7階

竣工

1994年5月


 中野駅前の顔となる建物の企画と設計は当然、区の全体計画に支障を及ぼさぬ範囲で進める必要が生じているが、株式会社南協の実情は寸暇を許さなぬ状況下に置かれていた。そこで、株式会社南協と中野区とで協議を重ねた結果、36人の地権者を将来とも確保すること、並びに良好なテナントを招致することを条件として、区の再開発志向に充分な整合性を保つ協議が成立した。
 建物は地下1階、地上7階、延床面積4,000m2の内、地権者部分として、1,500m2、地下1階飲食専門店3店、1階店舗5店、2階、7階事務室4室を配列し、他の2,500m2は、サントリー系のスポーツクラブを誘致した。

 
中野区におけるノイビルの位置

中野区におけるノイビルの位置【拡大

共同ビルが出来るまで

1951年
(昭和26年)

中野駅南口広場拡張にともない、駅前商店を現在(旧日本自動車敷地230坪)に一括して移す。中野区人口22万人。

1952年

中野駅前南口商業共同組合設立。
初代組合長、鈴木関三郎氏。
公衆用道路造成、36区画飲食店街成立。

1981年

中小企業等組合法により精算法人。
中野区基本構想、中野区長期計画策案。

1983年

商店街の老朽化が目立ち始める。

1985年

中野区まちづくり推進計画。
中野区人口33万人。

1986年

 

隣地を含めた等価交換方式による再建案提示(ディペロッパーより3案)。

1988年

組合員により建設委員会設立。

1990年

組合員全員にて株式会社南協設立。
初代社長、鈴木隆氏。

1991年

共同ビル(共有ビル)基本計画案提示。
中野区と協議開始。

1992年

地権者相互間の建設同意締結。
中野区、東京都住宅供給公社と協議成立。
建設確認完了。8月着工。

1993年

中野区住宅マスタープラン策定。

1994年

5月工事完了。
地権者部分店舗等営業開始。
6月ティプネススポーツクラブオープン。


ロビー

ロビー

 
トップライトのあるプール

トップライトのあるプール


| 作品一覧に戻る | ビル建物一覧に戻る | 表紙に戻る |


株式会社五味建築事務所フッダー